慎重に病院は選ぶ

保険を使って泌尿器科で真性包茎を治す場合、手術後の見た目というものを無視すればかなり費用は抑えて手術を受けることができます。
ですが、専門のクリニックで手術を受けるとなると、いくら真性包茎であっても全額負担となりますのでそれなりの費用はかかってきます。
ということもあり、もし専門のクリニックで手術を行うというのであれば慎重に手術をするクリニックを選ばなければならないのです。
そこで、クリニックでの包茎手術となると「カウンセリング」というものが必ずあります。

包茎手術のリスクを軽減させるためには、カウンセリングの時から気をつけておくのが良いされているのです。
たとえば、「患部の診断もせずにカウンセリングを行う」、「やけに高額な治療方法を勧めてくる」、「担当医ではなくクリニックのスタッフが行う」、などのようなクリニックに関しては言語道断でもありますので、こういったクリニックにあたってしまった場合には即座に変えたほうがいいのです。
その中でもひどいクリニックに、アルバイトで雇われている医師が執刀しているクリニックは絶対に避けたほうがいいでしょう。
その際にアルバイトの医師かどうかを見分ける方法として、カウンセリング予約の際に執刀医の名前を聞くということがあります。
そこで名前を明かさないようなクリニックは100パーセント黒だと思ってまず間違いはありません。
専門のクリニックであれば執刀する医師は決まっているのが当然ですが、アルバイト医師や派遣医師などを使っている場合はその都度変わってくるので名前を出すことができないのです。後、「複数の先生がいるのでカウンセリングの時に紹介します」、などと言って言葉巧みにカウンセリングに持ち込もうとするクリニックもやめておいたほうが無難だといえます。

最後に費用の問題になってくるのですが、あまりにも金額が安いクリニックも避けたほうがいいかもと思われるかもしれませんが、これに関しては正直なところ一概ではないということになってきます。
手術に使う針や糸などの値段もピンからキリまであり、高いものと安いものの値段の差は最大1000倍近くになったりもしますので、技術が同じでも使っている道具類などによって金額も変わってくるというのが現状でもあるのです。
ちなみに、技術料については需要と供給のバランスによって決められています。
そういったこともあり、クリニックによって金額に大きな差が生じてきているということになるのです。

様々な治療方法

真性包茎というのは国が認めたれっきとした病気となりますので、治療を目的とすれのであればほ保険が適用されて費用のほうもかなり抑えて治療を受けることができます。
とはいえ、今ではありとあらゆる包茎の治療方法というものが存在しているのです。
まず、代表的な治療方法の一つに「泌尿器科」での治療ということになります。
真性包茎は保険が適用されてきますので、泌尿器科での治療目的となればかなりの安い金額で手術も受けることができるのです。
しかし、あくまでも機能改善のためだけの手術となりますので、メスを入れた傷跡は鮮明に残ってしまうというリスクだけは頭に入れておかなければなりません。
それは困るということになれば、次に「美容形成クリニック」での治療となってきます。

真性包茎手術を行うのは病院の泌尿器科だけではなく、美容形成クリニックでも包茎治療は行っているのです。
やはり、美容形成クリニックでの包茎手術というのは、手術後の見た目という部分にはかなりこだわってもいるのです。
ペニスに関するコンプレックスは、この美容形成クリニックで全て治せるといっても過言ではないぐらい力を入れている場所でもあります。
ですが、デメリットとしては保険が一切適用されないということです。
ですので、手術の費用は全額負担となりますので、それなりの費用がかかってしまうのです。
ちなみに、美容形成クリニックの数が全国的にも増えていまして、クリニック同士の顧客競争ということもあり年々金額のほうも安くしている傾向にあるような気がします。
一般的に数十万円は確実にかかってた費用も、クリニックによっては10万円を切る価格で手術を行えるクリニックも存在しているほどです。
最後に、自宅で包茎矯正グッズで治療をするという方法があります。

やはり、自宅で治療できることの最大のメリットというのは誰にも知られることなく治療ができるということです。もちろん、誰にも知られずに治療できるのであればこの方法が一番良いように思いますが、多少の制約とデメリットというものも存在してくるのです。
たとえば、「3週間以上の期間が要する」、「真性包茎でも包皮が小さすぎる人の場合では一切使えない」、「包皮が亀頭に癒着している場合も一切治療はできない」、ということになってきます。
これらの条件をクリアしているのであれば自宅での治療を試してみる価値はあります。
ですが、手術のように確実に治ることは約束されていないということだけは頭に入れておかなければなりません。

真性包茎の性行為

真性包茎というのは日常生活に何かしらの支障が出やすいということから、今の日本ではれっきとした病気の扱いとされています。
日常生活に出る支障というものの代表に、性行為の問題というものがあります。
真性包茎のペニスというのは亀頭がうまく露出することが難しいため、女性の膣内への挿入時に痛みというものがどうしても出てきてしまうのです。
他にも真性包茎の性行為の問題というものが存在してくるのですが、では真性包茎の人の性行為というのは具体的にどのように行われているのでしょうか。
実際のところ、性行為自体は難しいとされていますが、全く行うことがでいきないというわけでは決してありません。
しかし、やはり露茎の人との性行為よりも女性が快感を感じることはないようです。
その第一の理由として、真性包茎の人というのは一般的に早漏の人が多いということです。

要するに、女性が満足のいく快感を得る前に性行為が終わってしまうということになるのです。
真性包茎のペニスというのは普段亀頭が露出していませんので、いざ性行為になった時に少しの刺激であっても耐えられずに反応してしまいます。
そういったこともあり、女性の中でも真性包茎の人とのお付き合い自体を避けるという人もいるぐらいなのです。
次に、女性が真性包茎を避ける理由に、「臭い」ということも出てきます。
いつも亀頭が出ていないために綺麗に洗うことができない真性包茎のペニスは、他のペニスに比べてきつい臭いを発することが多いのが特徴です。
ちなみに、男性というのは女性ほど身体においてのコンプレックスはあまり持っていないような気もします。

その中でも、ペニスというものは女性が持っていない分、コンプレックスを抱きやすい部分ともなるのです。
ペニスというのは身体と同じように成長をするものになります。
ですので、20歳を過ぎたあたりぐらいから身体の成長が終わるように、ペニスの成長もそれぐらいの時期には完全に止まってしまいます。
ということから、その時点でペニスが自然と剥けないとなれば包茎だということになるのです。
それでも、勃起をすれば剥ける、手を使えばきちんと剥けるとなればそれは完全な「仮性包茎」であり、何をどうしても剥けないとなれば「真性包茎」確定ということになります。そういったこともあり、20歳を過ぎても真性包茎ということであるのでしたら、やはりそれなりの処置をすることがいいのではないかと思われます。

保険適用の問題

男性特有の身体のコンプレックスに、「包茎」というペニスに対する悩みというものが存在してきます。
基本的に、包茎というのは「仮性包茎」、「カントン包茎」、「真性包茎」と大きく3つに分けられています。
日本人男性の約3分の2は包茎だというようにいわれていますが、そのほとんどが仮性包茎であるのは間違いないでしょう。
仮性包茎というのは、勃起するか、もしくは手さえ使えれば亀頭を剥き出しにすることができますので、病気という判断は今のところはされていません。
ですが、カントン包茎と真性包茎というのは何かしらの病気を引き起こす可能性が大きいということから病気という判断がなされています。
ですので、一般的にはカントン包茎や真性包茎となれば何かしらの包茎治療を受けるほうが良いとされているのです。
ちなみに、カントン包茎と真性包茎は健康保険が適用され、仮性包茎の包茎治療に比べればかなり安い費用で包茎手術を受けることができるのです。
とはいえ、包茎手術には保険の適用できる病院と適用できない病院というのがあります。

では、どうして保険が適用される病院とそうでない病院というのがあるのでしょうか。
実のところ、包茎手術においては美容整形手術なのか、治療目的の手術なのかで保険適用かどうかが変ってくるのです。
要するに、包茎手術を行わないと日常生活に何かしらの支障が出るという包茎に限り、保険が適用されてくるということなのです。
たとえば、子孫繁栄のために必要な性行為というものがあるのですが、この性行為を十分に行えないとなるとそれはれっきとした保険適用とみなされてきます。
これは、包茎を治すことによって日常の生活に戻ることができるという医療行為として考えられています。
逆に、保険が適用されない医院での包茎手術とはどういうものなのかというと、それは仮性包茎の手術となります。
仮性包茎というのは同じ包茎であっても、真性包茎やカントン包茎と違ってちゃんと性行為が行うことができるからです。
勃起をすれば包皮は剥けて亀頭が出てくる状態ですから病気として認められていないわけで、仮性包茎をきちんとした露茎にしようと思えば美容整形手術を受けなければならないのです。

そうとなれば、上記でも説明したとおり保険の適用外ということになるのです。
どうしても仮性包茎を手術で治したいという人は、包茎手術専門のクリニックで施術を行うことになります。
今では包茎手術の費用も安くはなってきているといわれています。
ですが、保険適用の金額との差を見比べてみれば歴然とした金額の差が出るというのは間違いないでしょう。
ちなみに、保険適用での包茎手術の費用というのは、一般的に3万円前後で受けられるとされています。

Copyright 真性包茎に対する包茎手術の重要性 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner